どうしても射たせたいらしい

 

昨日の福島民報の一面です。

アレルギーがあり、今まで新コロワクチンを接種しなかった(できなかった?)方向けにワクチン接種できますとアナウンスされています。

国内では4種類目のワクチン「ノババックス」。F や M のような mRNA ではないという触れ込みで、小沼も昨年の12月ころに存在を知りました。

当時は『仮に法改正がなされ、強制接種になるようならノババックス一択だな~』と思っていたのですが、あれから約5ヶ月が経過する中で様々な情報を得ることができ、

現状では ノババックスでも射つ必要なし、との見解に達しています。

 

そもそも F や M のワクチンも最強と名高い(笑) オミクロン株に合わせたものではなく、2年前に発生した「武漢型」に合わせてあるのは既知の事実。

そして、mRNA ウイルスはとにかく変異が早いのも皆さまご存知のとおり。

となれば、ワクチンを研究・製作している最中にどんどん変異していくので新しいワクチンがリリースされてもすでに型が合わないわけです。

いま3回目を絶賛接種中ですが、変異の早いウイルスに対応していないばかりか、2年前の武漢型に合わせてあるので射つ意味がありませんよね。

射っても何も起こらないなら全然いんですけど、すでに報告が上がっているだけで国内 1,600人以上の方が接種後に急逝されていますし、逆転写は起こっているし、スパイクタンパクは消えること無く永遠に身体の中で生産され続けていますし、原因不明の不調に悩まされている方は後を絶たないし(いわゆるワクチン後遺症)、スパイクタンパクを外に放出するので未接種の方はシェディング被害に遭うしで、もう意味不明です。

 

これ、パソコンやスマホで言えば伝わるのかな。

以前も書きましたけど、例えばお使いのデバイスの脆弱性を突くウイルスが見つかったとします。

MS やリンゴの会社が脆弱性を埋めるパッチのリリースを急ぎますが、脆弱性の問題点やウイルスの性質を調べている間に実はハッカーがウイルスをどんどん進化させていたらどうでしょうか。

パッチがリリースされたときにはすでにウイルスは新しい型になっているわけです。古いパッチをインストールしてお使いのデバイスは守れますか~っていう話なんですね。

まぁ、パッチだのデバイスだのという言葉にアレルギーがある方は理解できないかもしれませんが、今皆さんが接種を終えたアレはつまりこういうことなんですよ。もっと簡単に言えば時代遅れのものを身体に入れているわけです。

時代遅れのものが入ってきただけならいいんですが、様々な障害が発生するようプログラムされているものですので。重複しますからこれ以上は書きませんけど、そういうことです。

 

それで、ノババックスについてですが(笑)

これまでの歴史を見ればどのワクチンも効果がないことは証明されております。

また、昨今のアレについてもどう考えたって射つ価値なしのものをメディアに煽られて注入しちゃった状態。そして、様々な悪影響がジリジリと出てきている現状です。

F や M に比べたらノババックスの方が ”無害そうだから” いいかもしれないと昨年12月時点では思っていましたが、それは自衛隊の方に抑えつけられて無理やり接種される場合のことを指しています。

つまり、ワクチンを接種した証を得るためなら、これ(ノババックス)しかないという意味です。感染予防効果なんてあるわけないし、そこに期待して射とうだなんて天地がひっくり返っても思いませんから。

 

アレルギーがあるならば、ノババックスだろうがなんだろうが異物を体内に入れることは避けるべきです。アナフィラキシーが起こってからじゃ遅いですからね。

そして、ノババックス含め、今更ながらワクチンの中身を知っていますか。

期待の新ワクチンに心躍らせる前にまずは中身を知ることの方が大事だと思いますよ。

 

 

最後にこちらのツイートを。

本当に今更ですけど、この2年間でまともに答えられた方を見たことがないです。

これに答えられないから(答えを考えるのが面倒だから?)メディアの情報を鵜呑みにして安易な行動に出てしまうんです。

ノババックスも F や M のアレと一緒ですよ。

アレルギー持ちの方は本当によく考えてみてくださいね~

 

当院は 香料で体調を崩す方を受け入れている鍼灸院 です。「香りが長続き」「本格消臭」などと謳う、柔軟剤や合成洗剤などの香料製品を日常的に使用している方は予約・来院をご遠慮ください。また、新型コロナワクチンを接種できない方を保護する観点からワクチン接種済みの方もご遠慮いただいております。詳しくはこちらをご覧ください

ワクチンを射ってしまった方、香料製品がやめられない方は 遠隔治療をお試しください。来院せず治療を受けることが可能です ⇒ 遠隔(波動エネルギー)治療のご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。