猪苗代の桜

本日から6日 (水)までの連休は午前中のみ診療しております。

当日予約も受付けておりますので、気になる症状がありましたらご連絡ください (お電話でお願いします)。

 

週末は大変気温があがりました。

会津若松もまさかの真夏日で、治療院のエアコンの調整が済んでおらず、扇風機で対応させていただきました。

早朝の冷たい空気を閉じ込め、換気を繰り返したこともあって、外気よりもかなり低い温度で診療できたと思います。

ただ、午後の患者さんには少々暑く感じさせてしまったかもしれません。

また、自粛が続く中でも「連休前に施術を受けておきたくて♪」とお越しくださった皆さま、本当に感謝いたします。

 

 

さて、昨日は不穏な空気を一掃すべく (小沼は感じていません。世間ですね)、ドライブも兼ねて猪苗代町の桜を見てきました。

緑の森はいまが満開! 突き抜ける青空と桜、そして磐梯山が素晴らしかったです。

10時過ぎでしたが、めちゃくちゃに暑かったです(^_^;)

 

 

長女さんに撮影してもらいました。

ここからさらに登って、天鏡台へ向かいます。

 

 

標高があがるからでしょう、天鏡台の桜は7~8分咲きといったところです。

この連休が見頃のピークかと思います。

必要緊急の案件ではありませんが、この桜が見れるのは今だけ (来年も見られますが)ですので、個人的にはオススメです。

三密を避けるといいますが、一つでも密が避けられればいいわけですし、常に空気が循環している外の方が安全ですよ(*^^*)

 

 

***

 

 

昨日の猪苗代は天気もよく、実は会津外・県外のナンバーもかなり見かけました。バイクのツーリングが特に多かったです。

で、周辺のお店は自粛閉店していて、結局はコンビニが大変な混雑具合に……三密どこいった?

 

そして、今月末まで延期となる緊急事態宣言で閉店に追い込まれる方、職なしになる方は70万人じゃ済まないのではないでしょうか。

ちなみに、コロナパンデミックは経済崩壊のカモフラージュですからね。

 

自粛しまくって支払いを停滞させることが経済崩壊をさらに強固にします。

経済って支払いの連続なんです。それを停めるということは経済を止めるということです。

また、支払いをしないということは「仕事を作り出す機会」をなくしています。逆にいえば、あなたが支払うお金は誰かの仕事を作っているということ。

 

コロナパンデミックはフェイクです ( 語弊のないように書きますが COVID-19 は存在してます)。

フェイクに騙されて自粛することは、巡り巡って自分の首を締めること、自分の仕事をなくすことになります。

自粛し、お金を使わないことは全然正義じゃないんです。だから、小沼は支払いを停めません。

残念ながら、猪苗代で懇意にしているお店は自粛閉店していましたが、周辺のコンビニを利用し、若松市内でランチのテイクアウトをしてきました。

 

6月1日、緊急事態宣言が解除されたとて、宣言前と同じ生活はできないでしょう。

コロナ前の状態に戻ることもないと思います。

だからこそ、これまでと変わらない生活をしていくことが重要だと思います。

そして、真実に気づくことも大切です。

 

連休中、スマホばっかり眺めているなら、こういう動画をじっくり観ることも有意義ですよ。

前に貼った動画です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

これでは減らない

次の記事

我が家の洗濯事情