ラクな方を選ぶ

 

8ヶ月ぶりに W さんが来院。

 

実は8ヶ月前に小沼のワガママを聞いていただき、
事実上の施術中止をさせていただいていた方。

 

悪く言えば「逃げた」。
良く言えば「範疇を超えていた」。

 

どちらにせよ、
W さんにはその後もお辛い思いを強いてしまいました。
この罪は深いです。

 

 

 

8ヶ月ぶりの症状はなかなか頑固。
ですが、小沼もこの間に、のんべんだらりと過ごしていたわけではなく。

 

今回はお互いに安心できる結果になったと思います。
小沼がそう思っているだけかもしれませんが。

 

施術後、W さんからご質問。

 

『猫背だから背筋を伸ばしていたけど、
もっとよい姿勢ってありますか?』と。

 

小沼の答えは
「ラクな姿勢(猫背)で大丈夫ですよ」と。

 

巷で言われている正しい姿勢がどれほど悪影響を及ぼすか、等々
色々と解説させていただきました。

 

世の中、様々な情報にあふれています。
「○○健康法」「〇〇式」「○○メソッド」

 

例えば、朝食抜き健康法と朝食絶対食べる健康法。
この違いは提唱している本人がそれぞれラクだから。
ただそれだけ。

 

エビデンスや医学的見地は後付でしかありません。

 

これは姿勢も一緒。
猫背、脚を組む……など、いかにもそれらが不健康の原因です、
のように言われていますがまったくそんなことありません。

 

逆に背筋を伸ばしていることで苦しくなり、
バランスに狂いが生じます。

 

W さんもずっと姿勢に気をつけていて、
常に背筋を伸ばしていたことで体調を崩されました。

 

人生においてラクな方ばかり選ぶのはよくないですが、
身体のことについてはラクな方を選ぶとよいようです。

 

情報に惑わされず、難しく考えず、
身体の声を聞いてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です