卵の薄皮を剥がすように

先日、飛び込みでお越しになった新規患者の A さん。

完全予約制で診療させていただいている手前、飛び込みの患者さんはお受けできないことがほとんどなのですが、今回は大丈夫でした。きっと強いご縁があったのだと思います。

 

様々なアクシデントを経験されたことで身体の症状も多岐にわたり、なかなかの重症例ではありますが、当院がお役に立てるのであればと施術を担当させていただくことになりました。

色々な症状があって辛いでしょうが、この瞬間も身体は治そうと頑張っている事実を伝えさせていただきました。

施術後は存分に効果を感じていただけたわけではありませんでしたが、変わっていないところよりも良くなったところを感じようとしている様子から A さんは必ず良くなると確信。

 

IMG_0549-min

 

数日後、施術中に突然玄関が開く。次の患者さんがお越しになるにはまだ時間があるし、営業かなと出て行くと A さんでした。

『プロフィールに芋けんぴが好物って書いてあったから』と大好物の芋けんぴをわざわざ差し入れてくださいました。ありがとうございます!

買い物のついでに治療院に立ち寄って差し入れていただき、A さんの温かいお心遣いに嬉しくなりました。

 

玄関先で施術の効果をお伺いしましたが、トータルで見たら割と良いようです。

根強い症状は残っていますが、初診1回目の施術と考えればまぁまぁの結果ではないでしょうか(自分で言うな(汗))。

「卵の薄皮を剥がすように」とはよく言ったもので、一般的な症状ではない場合、施術を受けても大きな変化を感じられないこともあります。スコップで岩壁を削ってトンネルを貫通させるように気の遠くなるような時間がかかるかもしれません。

自然治癒力を高めることによって、今ある症状を少しずつ削っていくような感覚になりますので焦燥感や不安感はつきものですが、A さんの担当となったからにはそれらを含めて最後まで向き合います。

症状が良くなって遠くまで散歩できるようになりましょう。

A さん、これからもよろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です